保存食・保存水

赤ちゃんがいる家庭に必要な防災グッズのリスト

近年では大きな地震だけではなく、豪雨などの自然災害が日本各地で多発しています。このような自然災害は、いつどこで起きるかわかりません。家族の安全を守るためにも、日ごろからこのような災害に備えておくことは非常に重要といえます。今回は、赤ちゃんのいる家庭の備蓄についてお話します。

赤ちゃんのための備蓄を考える

赤ちゃんがいる家庭の場合には、自然災害が発生した場合には、市販の防災セットを購入していたとしても、必要なものが足りずに困ることが予想されます。万が一避難生活が続いた場合に、できる限り赤ちゃんやその家族がストレスなく過ごしていけるようにするためにも、赤ちゃんがいる家庭に必要な防災グッズのリストを把握しておくことは重要です。 万が一自然災害が発生した時のことを考えると、いろいろのものが必要だと思い、どんどん荷物が増えていてしまうことにもなります。しかし持てないほどの量を詰め込んでしまい、持ち運びができなくなれば何の意味もなくなってしまいます。赤ちゃんを抱えながらも、持てる量の荷物をまとめておく必要があります。近年ではキャスター付きのキャリーバッグに防災グッズを詰め込んでいる人も見られますが、災害時には瓦礫などが道路に散乱し、キャスターが使えなくなることも考えられます。このような場合には、背中に背負い両手をつかうことができるリュックサックが一番のおすすめのアイテムと言えるでしょう。近年のリュックサックの中には、キャリーバッグとしても使えるものもあるので、このようなものを使うのも一つの手段といえるでしょう。 またこのような防災グッズは、定期的に点検を行う必要があります。おむつや衣類をまとめているかもしれませんが、子供はあっという間に大きくなってしまいます。そのためおむつや衣類のサイズが合っているのかどうかも成長に合わせてチェックすることが必要になります。

赤ちゃんの非常食などもこまめにチェックする

離乳食をまとめているのであれば月齢に見合ったものなのかなど、子供の成長に合わせて見直すことが重要です。また非常食に関しては、賞味期限もしっかりとチェックしておくことが求められます。日ごろから母子手帳や保険証は持ち歩く癖をつけると良いでしょう。母子手帳や保険証などを防災セットと一緒にまとめてしまった場合には、普段の生活で病院に行った時に忘れてしまったりと、かなりの不便を強いられることになります。自然災害はいつどこで発生するのかわからないので、出かけている最中に自然災害に見舞われることも考えられます。そのため母子手帳と健康保険証は、日ごろから持ち歩く癖をつけておくと万が一の時にも安心です。そしてホイッスルも常備しておきたいものの一つと言えるでしょう。子供連れで外出した際にどこかに閉じ込められたり、身動きが取れなくなる可能性も考えられるでしょう。このようなときにホイッスルを吹くことによって、自分がいる場所を誰かに伝えることが可能です。ホイッスルは非常に小さなもので、それほど場所をとるようなものでもないので、日ごろから持ち歩いておくと安心です。そして赤ちゃんがいる家庭に必要な防災グッズのリストとしては、まず第一にキューブ式やスティックタイプの粉ミルクが挙げられます。母乳育児でもミルクでの育児でも、粉ミルクは必須アイテムと言えるでしょう。完全母乳育児だから用意しなくても大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、災害に見舞われたことが大きなストレスとなり、また満足に食べるものが手に入らずに、母乳が出なくなってしまうことも考えられます。キューブ式やスティックタイプのものを用意しておけば、ミルクをはかる必要もなく、スプーンがなくても問題ありません。特にかさばることもなく持ち運びにも便利なので、必ず用意しておきましょう。もしも長期間保管するのであれば、賞味期限にも注意しなければなりません。期限が近くなった場合にはそれを使い、新しいものと交換することが大切です。そしてミルクは紙コップなどでも作ることはできますが、ほ乳瓶があれば飲ませやすくなります。近年では使い捨てタイプのほ乳瓶が用意されているので、これも用意しておくと安心です。水が止まってしまうと、ほ乳瓶の洗浄や消毒もできなくなる可能性もあります。衛生面からも是非とも用意しておきたいものと言えるでしょう。そして避難生活において、紙おむつがなくなって困ったという声は多く聞かれます。おむつはできる限り多めにストックを用意しておく必要があります。特に月齢の低い子供がいる場合には、より多くのストックが必要と言えるでしょう。また成長に合わせてサイズやタイプの見直しなども忘れないようにしましょう。もうおむつが外れているので大丈夫だと思っていたとしても、ストレスでおねしょをすることも考えられるので、心配な場合には用意しておくと安心です。そのほかにもおしりふきやウエットティッシュ、ミルク以外の飲料水や離乳食、缶詰やおやつ等も必要です。赤ちゃんがいる家庭では特に衛生面には十分に気をつけたいので、使い捨てできるものや代用できるものを用意して、事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

関連記事

  1. 政府が考えている防災グッズリストの数々を見ておこう

  2. 【マンション自治体必見】マンホールトイレをマンションに設置する方法

  3. 車へ保管しておきたい防災グッズリスト

  4. 100均で購入することができる防災グッズリスト

  5. 子供のためにもたせてあげたい防災グッズのリスト

  6. 断水のときトイレに「大」したらどうなる?

PAGE TOP