トイレ

地震のトイレ問題。女性が知っておくべきこと。

今このブログを見て頂いてるのは、男性ですか?女性ですか?トイレ事情は、男性と女性では違います。今回は女性のトイレ問題についてお話します。

地震の時の様々な問題

衣食住と、それぞれありますが、その中の一つがトイレの問題です。
特に女性は、立って用が足せないため物陰でするということができないため、仮設や公共施設のトイレは混んでしまいます。また月経がくることでナプキンなどの生理用品が必要となりますが、物資不足なうえ生理用品が欲しいというのは中々難しいのが現状です。ただでさえストレスがかかる環境なのに、月経になると生理痛などを起こしてしまいやすくなり、痛み止めなども欲しいということよくあります。

いざという時のために

ストレスの緩和のためには、対策方法を予め知っておき地震に備えておくことです。
まず、持ち物として用意しておきたいもの

1.ウェットティッシュ

手を拭くことももちろんですが、非常に助かる備蓄品といえます。

代用として

ウェットティッシュ往路に入れないため顔や体を拭くことができ、トイレで紙がない時に代用品として使えます。赤ちゃんのお尻ふきなどもオススメです。

2.生理用ナプキンやおりものシート

月経がきてしまうことも考えて、用意しておくことで非常に安心です。

代用できること

洗濯できない環境ですのでナプキンやおりものシートをつけて取り替えることで同じ下着を数日着けていたというケースもあります。ナプキンは怪我をした時に、止血するためにも使えるため用意しておくと便利です。

吉田トイレ業界最安値3,500円

非常時でも清潔なトイレのご使用を

女性にとっての備えは、大切です。非常時に備えて、トイレの便器にかぶせるタイプの、簡易トイレを用意しておくことも、大変重要な備蓄とされています。なぜならば、災害時に仮設トイレが設置されるのに、最低でも3日はかかります。食べる事を我慢できても、トイレだけは待ってくれません。簡易トイレは、災害時の断水やキャンプなど、水がない時に重宝します。災害時などのトイレでは、汚物の匂い、流されずに便器に止まる汚物、こんなトイレで用を足すのは、とても苦痛です。その為、簡易トイレと、必ず凝固剤とセットのものをお勧めします。凝固剤は消臭・抗菌で、清潔なトイレの確保が出来ます。凝固剤も、色んな種類が販売されています。抗菌できないものや、成分が弱いものもありますので、ご注意ください。

最後に

各地で災害が相次ぐ中、明日は私たちの地域にも起こりえる自然災害。地震の時にはいろいろストレスになってしまったり、問題が出てくることはよくあります。このような問題を改善するのは、いざという時の事前の準備です。女性は、月経などの特有の悩みも多いため、それに合わせて対策や用意をすることが大切となります。

関連記事

  1. マンホールトイレの価格ってどれくら?

  2. 地震のとき避難所でのトイレ対策について

  3. 台風・地震による備え

  4. 地震のトイレ対策の方法とは

  5. 断水のときマンションでのトイレ解決方法

  6. 被災現場で1番困るのは、トイレです。

PAGE TOP