トイレ

防災グッズに簡易トイレは欠かすことができません

地震や自然災害など日本全国の至るところで起こる可能性があるので、被害を最小限に抑えたり、万が一の時のために防災グッズを自宅に整えておくことが重要になっています。

重要なトイレ備蓄

防災グッズには様々なものがありますが、その中で絶対に欠かすことができなものの1つが携帯トイレです。被災をすると水道管が破裂をしたり断水をする恐れがあるため、自宅や公共の施設にあるトイレが使えなくなることが考えられます。それほど沢山の飲料を飲まなくても、人間はトイレをしたくなりますから、それが出来ない場合は大きなストレスを抱えたり病気になってしまいます。またトイレが使えた場合でも、かなり行列ができることが予想できるので、使いたいときに使えないことが多くなります。

可燃ゴミとして処分可能

そこで簡易トイレを用意しておけば、時間を気にせずに使用できますし、周囲から見えないところに設置をすればゆっくり用を足すことができます。水が使えなくなると汚物がたまってしまい、匂いを含めて衛生状態が不安になってきます。更に簡易トイレとセットで携帯トイレを使用すれば、汚物を閉じ込めることができるので、見た目も匂いも気になりません。防災グッズとして使用されている携帯トイレは、ビニール上のもので作られているので普段は全くかさばらないものだというのも人気になっています。吸水性が高い素材(凝固材)が入っていて、用を足した後に汚物に振りかけることで素早く固めることができるため匂いが外に出ないようになっています。ビニール袋を閉じれば、そのまま可燃ごみとして処分をすることができるので、処分方法も簡単です。携帯トイレは嵩張るものではありませんから、比較的多めに用意をしておくと安心です。防災グッズとして持っておくことで、被災をしたときにも慌てずに行動することができるでしょう。

関連記事

  1. 【マンション自治体必見】マンホールトイレをマンションに設置する方法

  2. 匂いも汚れが飛び散らない凝固剤

  3. 100均のグッズで作る簡易トイレについて

  4. 断水のときマンションでのトイレ解決方法

  5. 簡易トイレの値段について

  6. 災害時に庭にトイレを作る方法

PAGE TOP