トイレ

地震のときトイレに水を流してはならない理由

災害用の備えはできていますか?いつおこるかわからない地震、自分には関係ない地震災害かもしれない、住んでる地域で備えの認識に違いはあると思います。いつ起こるかっわからない、自分には関係ない、そんな気持ちがある中で、備蓄を買い揃えるのは、気が進みまないと思います。しかし地震は必ず来ます、その時はあなたも被災するのです。災害時で1番困ることは、ライフラインが止まることです。電気、ガス、水道どれも復旧までに時間がかかり、トイレ問題が1番問題とされております備蓄しておかなければならないモノ、トイレが使え無い時の災害用簡易トイレです。今回は、なぜトイレが使え無くなるかを、お話していきます。

地震が起こった時

地震の際、確認しなければいけないこととして、ガス・水道・電気です。地震となると、建物だけではなく地面にも亀裂ができます。地面には水道管があるので、当然支障が起こります。それは生活の中で、1番重要にもなるトイレ問題といえるでしょう。飲み水は配給されるのですが、生活に欠かせないトイレ問題です。地震の際には、トイレに水を流さない方が良いとされています。その理由としては、地震により排水管に損傷が出ている可能性があるからです。排水管は、外部から見ても分からないものです。特にマンション住まいの場合は、排水管が損傷していたせいで、下の階で水漏れが発生することがあります。そのため、水が潤沢にある場合でも流さない方が良いとされています。

災害用トイレで最も安い商品は?詳しくはこちら

マンションの場合

各住戸が気を付けなければ、マンション全体へ影響が及ぶ可能性があります。台所や風呂場などからも汚水が逆流することもあるため、マンション全体で災害時の取り組みなどは決めておくことです。
最近のトイレは、節水タイプとなっており、電気で水を流すものが増えています。そのため、間違えた流し方をしてしまうと詰まらせてしまうことがあります。

一戸建ての場合

排水管が大丈夫だったかどうかは流してみなければ分からない状態です。危険を覚悟で流してみる方法もありますが、万が一詰まらせてしまった場合には、下水道が復旧したとしても長い期間使えない状況になってしまいます。できれば、一戸建てであろうとマンションであろうと被害状況を確認できるまでは、トイレの水は流さない方が安心です。

排水管が破損を確かめる

地震の大きさによっても異なりますが、目安としては、震度5弱を超えた場合には、災害用トイレを使うようにした方が安心です。地震に限らず電気で水を流す仕組みになっているトイレを利用している場合には、停電の際にも災害用トイレを設置したほうが詰まらせずにすむ可能性が高いです。

吉田トイレ業界最安値3,500円

トイレを我慢すると・・

女性や高齢者ほどトイレを我慢してしまい膀胱炎を引き起こしたり、水分を控えて脱水症状を起こすこともあります。避難所に行ったからといって仮設トイレが潤沢にあるわけではなく、人が多い分詰まってしまい使えなくなることもあります。災害時には、一番困る問題でもあるため、防災備蓄として用意しておく方が安心です。

関連記事

  1. トイレが断水したときの対応方法

  2. 「断水のとき、トイレ1回だけ流せる」という噂は嘘です

  3. 災害時のトイレをオムツで済ませるとどうなる?

  4. 災害時のトイレの作り方

  5. マンホールトイレのガイドライン解説

  6. 台風・地震による備え

PAGE TOP