トイレ

地震災害時のトイレについて

こんにちはとくだネットです。

地震災害の時の備えはお済みですか?
備蓄で、1番気をつけているものはなんでしょうか?非常食、水、ラジオ、懐中電灯・・・etc
これらは生きる為の最低限のアイテムです。
書き出せばきりががないですね、生きる為に食は欠かせないのですが、その後に必ず忘れていけない物がありませんか?
そう、トイレです。日常どこにいても必ずあると思っているトイレです。
今日はその地震災害時のトイレについてお話します。

地震発生時

地震が起こった時、水道やガス、電気など普段当たり前に使えていたものが使えなくなる可能性があります。それはトイレも同様で、水が使えなくなってしまうと排せつをした後に流すことができません。
過去の地震災害時の水道復旧は最低でも1週間、長くて3週間かかっています。その間にトイレが出来なくなる、出来たとしても避難所であれば多くの人が使用するので、大変なことになります。臭いなどもそうですが衛生面でも非常に悪影響が出てしまうから、断水が続くと病気の原因になってしまうなど大変です。

トイレが使えない時の被害

地震などの災害に備えて、保存食などを備えている人も多いと思いますが、飲み水や食べ物が大丈夫でもトイレを利用できなければ生活環境はすぐに悪化してしまいます。
特に高層マンションなどは、どこかで水道管が破損すると全世帯で水道が使えないといったトラブルが発生する可能性があります。自分の家だけでなく隣などの近所すべての家庭もトイレが使えなくなり、小便や大便がしたくても借りることもできなくてどうしようもできない状態に陥ってしまう可能性もあるのです。
実際に大きな災害が起きた時には、トイレの水が流せないことで、排せつ物がたまって詰まってしまい長期間使用できなくなってしまったという事例もあります。

吉田トイレ業界最安値3,500円

衛生問題や健康問題

排せつ物がたまってしまうと食中毒や感染症の可能性が高まります。他にもハエなどの害虫が飛び回るなど不衛生な環境になってしまい、ストレスもたまってしまいます。トイレに行かないように水分補給を控えると、今度はエコノミー症候群のリスクが高まるといった問題が発生してしまいます。

地震災害時に重要なトイレ備蓄

こういったトラブルを起こさないためにも、非常食だけでなくトイレの用意をしておくことが大切です。排せつ物を袋に入れて固めるといったアイテムもあるので用意しておくとよいでしょう。
簡易トイレも有効です。複数回使用しても大丈夫なものもあるので、家族の分を用意しておくといざというときに安心です。簡易トイレなどを選ぶときには、値段だけではなく消臭や抗菌機能が高く、排せつ物を固めて捨てることができるなど高機能なものを選ぶと、災害時の衛生面でも安心できます。

関連記事

  1. マンホールトイレの設置基準は?すべてのマンホールに設置できるわけではな…

  2. 地震のトイレ問題。女性が知っておくべきこと。

  3. マンホールトイレの価格ってどれくら?

  4. 災害時に庭にトイレを作る方法

  5. 断水のときトイレのタンクに水を直接入れるのはNG

  6. マンションで断水したらトイレはどうなるの?

PAGE TOP