トイレ

地震のトイレ対策の方法とは

地震などの災害に見舞われた際にはガスや電気、水道といったライフラインが一時的に停止することがあります。なかでも困るのがトイレの問題です。そんなトイレ事情あなたはいくつ想定ができていますか?失敗しない災害備蓄をして頂く為の、お話をします。

地震の際、すぐに水が使用できる?

地震大国と言われる日本において、防災対策として知っておかなければ予想もしない事態をまねくこともあります。 地震では断水になることも珍しくありません。水が流れなくなったトイレは、洋式や和式に関わらず排水できる場合にはバケツ一杯の水で流すことが可能です。災害時にSNSでも多くシェアされた方法ではありますが、実は地震などの災害直後においてはトイレの水は流さないほうが良いという見解がなされています。

マンションでお住まいの方

特にマンションにお住まいの方は注意が必要です。地震によって排水管が損傷している場合があり、上の階に住んでいる方が水を流すと下の階で水漏れが発生するケースがあります。一般的な断水や停電の場合には効果的な方法ではありますが、地震となると見えない部分で問題が生じていることもあるため避けた方が良い方法なのです。

一戸建てでお住まいの方

一戸建てのご自宅でも流れるかどうかに確証がないため、バケツの水を流して初めて分かることになります。一度詰まらせてしまうと下水道の復旧があっても、使えない状態になってしまうことがあるのです。排水管などに問題がないか確認できるまでは、不用意に水を流さない方が良いと言えるでしょう。排水管が問題ない場合でも、常に排水用の水を確保することは大変です。1週間以上もトイレが使えないこともあるため、お風呂の残り湯でも足りなくなってしまいます。各自治会やマンションで仮設トイレが購入されて安心する方もいますが、プライバシーの問題や利便性から最悪の事態を想定して自宅でも備えておくことが大切です。

吉田トイレ業界最安値3,500円

 

関連記事

  1. 災害時のトイレを猫砂で作る方法

  2. 被災現場で1番困るのは、トイレです。

  3. 断水のときのトイレの流し方

  4. トイレが断水したときの対応方法

  5. 色々な種類の簡易トイレをレンタルできます

  6. 簡易トイレおすすめランキング!価格面、機能面、特徴から防災士が選んだ買…

PAGE TOP