防災情報

犬のために必要な防災グッズのリスト

最近ではペットを飼っているご家庭も多いと思いますが、地震などの災害に巻き込まれた場合にはどのように対処したらいいでしょうか。ペットと一緒に避難するためには、あらかじめ必要な防災グッズのリストを作り日頃から準備をしておくことが必要になります。今回はペットと暮らす家庭での備蓄についてお話しです。

食べ物

準備しておきたい防災グッズには、まずいつも食べているフードがあります。ドライフード・ウェットフード・おやつ等数種類を用意しておくのがおすすめです。理想は1週間分くらいで、最低でも3日分くらいは用意しておきたいものです。ドライフードは保管しておくのに適していますし、ウェットフードには水が無い時の水分補給にも利用できます。おやつは必ずしも必要というわけではありませんが、ストレスを解消するのに役立ちます。災害時には普段とは違う状況に陥りますから、人間でも大きなストレスを感じます。動物も同じで、慣れない環境だとストレスにさらされることになります。そこでおやつを与えることが、安心につながりストレスを緩和する効果が期待できます。

水分補給

それから食べ物だけではなく、飲用水も必ず必要になります。大きな地震や火災などの災害が起きた場合には、水道が使えなくなってしまうことも多くあります。ライフラインが復旧するまで時間がかかることもあるので、飲用水は必ず準備しておくようにしましょう。携帯用のフードボウルなどもあった方が、災害時には役に立ちます。水と食料は最も欠かせないものなので、できるだけ多めに準備しておきたいものです。とはいえ、大量にあっても全部を持ち運ぶことはできません。持ち運びやすい量を事前に確認しておくことが大切です。

ペットの備蓄はまわりへの配慮

 

準備しておきたい防災グッズには、それ以外にもペットシーツやトイレ砂などがあります。人間でも災害時に一番困ったのはトイレという意見が多いように、排泄は生きる上で欠かせないものです。ペットのうんちやおしっこの臭いはトラブルの原因にもなりかねないので、ペットシーツでトイレができるように躾をしておくことも欠かせません。 災害時には、ペットを入れておけるケージやキャリーも必要になります。災害時には体育館や公民館などの施設に避難する場合もあると思いますが、その中には犬や猫など動物が苦手という人もいます。ただ、嫌いというだけではなくアレルギーを持っている人もいるので、そういった人にも配慮が必要です。ペットはケージやキャリーに入れておくことがマナーになります。避難場所には色々な人がいるので、みんなが動物好きとは限りません。お互いに気持ち良く過ごすためにも、ケージやキャリーがあると便利です。

ペットのストレス軽減や事故をなくす為に

 

首輪やハーネス、リードなども準備しておきましょう。首輪やリードがないと散歩することができません。散歩ができないと、犬にとって大きなストレスになってしまうこともあります。ただでさえ慣れない環境なのでストレスはたまりやすい状態です。無駄吠えをしたり、見知らぬ人に吠え掛かったり問題行動を起こすこともあります。そういった時にはストレスを緩和するためにも、適度に体を動かすことが重要になります。散歩ができる環境であれば、リードや首輪をつけて散歩させるようにしましょう。それが運動不足を解消することにもつながります。 その他にも救急セットなどがあると、災害時に怪我の手当てができるので非常に役立ちます。地震で建物が倒壊したり、ガラスの破片が飛び散るといったことも考えられます。避難する際にはそういった場所を通り抜けなければいけないので、怪我をしてしまうこともあるでしょう。犬は人間とは違って靴を履いていないので、怪我をしやすい状況に陥ります。救急セットがあれば怪我をした際にも、とりあえず手当てをしておくことができます。 そして、愛犬の写真も持っておくと万が一はぐれてしまった時に探しやすくなります。毛の色や体格など特徴を伝えて探そうとしても、相手に上手く伝わらないことも多いものです。災害時には混乱していることも多いので、何かの拍子に逃げ出したり迷子になってしまうこともあります。一度はぐれてしまうと、探すのが難しい場合も少なうありません。特に災害時には人が優先されるので、ペットは後回しになってしまいます。愛犬を探す時には写真があった方が分かりやすいですし、張り紙などをする際にも利用しやすいというメリットがあります。マイクロチップや迷子札などもあると、飼い主を特定することができます。迷子札には飼い主の携帯電話の番号などを記載しておくと、連絡がつきやすくなります。 持病がある犬などは、いつも服用している薬を持って行くことが必要になります。分かりやすい場所に置いておき、すぐに持ち出せるようにしましょう。動物病院の連絡先などもあると役に立つこともあります。また、これがあると安心するといったグッズがある場合には、そういった物も持って行くのがおすすめです。リラックスできる環境を作ってあげるようにしましょう。

関連記事

  1. 防災グッズを準備するときは簡易トイレを忘れずに!

  2. 台風・地震による備え

  3. 車へ保管しておきたい防災グッズリスト

  4. トイレが断水したときの対応方法

  5. 政府が考えている防災グッズリストの数々を見ておこう

  6. 100均で購入することができる防災グッズリスト

PAGE TOP